faq

よくあるご質問

  • 満足いくリフォームをするポイントは?

    キッチンのタイプ

    ≪オープン型≫キッチン、ダイニング、リビング全てが見渡せるタイプで、広がりが出る為、インテリア性が高いキッチンといえます。ただし、どこからでも誰からでも見られるキッチンとなるので、収納や片付けに注意が必要です。

    ≪セミオープン型≫一番人気のあるタイプで、カウンターなどで区切られており食卓からは作業場はあまり見えませんが、
    キッチンとは完全にシャットアウトできない為、臭いや煙が流れる、といった事もあります。

    ≪独立型≫キッチンだけが個室として独立しているタイプです。中が見えないので調理に専念できますが、他の部屋の様子はわかりにくい面もあります。

    現在の住まいへの不満を書いてチェックシートをつくるのをおすすめします。
    漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。
    また、リフォーム雑誌や本で情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などがあれば切りとるなどして打合せに活用してください。
    住宅設備機器などの取替の場合は、ショールームに行って実際の使い勝手や、寸法をチェックするのも失敗しない為のポイントです。

  • 高齢者に配慮したキッチンにするには?

    まず、床は濡れても滑りにくく汚れにくい仕上げにします。負担が無い様、クッション性のあるものもよいでしょう。カウンターも足腰に負担がかからない高さのものを選び、安全に配慮し、立ち消えや消し忘れに対する安全装置がついている調理器具や、天板より一段低くなったコンロ、炎が出ない電磁調理器なら、尚安心です。
    水栓はレバーが操作しやすく、湯温調節が容易なタイプのものがいいでしょう。
    また、車イスやスツールに座ったままで台所仕事ができるニースペースタイプのキッチンもあり、足元に床暖房、または足元温風機などを取付けるのもおすすめです。

  • キッチンとリビングを一体感のあるものにしたいのですが?

    キッチンとリビングにある間仕切りを取り外して、オープンタイプのキッチンにリフォーム。
    また、キッチンの色、質感をリビングと合わせつながりを生み出していきます。内装もリビングに合わせて改装します。

  • キッチンがリビングから見えないようにするにはどうすればいいですか?

    リビングと一部屋続きだったキッチンを、間仕切の部分に高さのあるハイカウンターを採用し、キッチンがリビングから丸見えにならないよう工夫します。リビングから見るとハイカウンターが開放感を持ちながら適度な目隠しとなります。

  • キッチンが狭くて…オープンで開放感のあるものにしたいのですが?

    狭いキッチンは増築し、コーナー部分に出窓を設けたり高窓やトップライトを設けます。
    リビングとの壁を抜いたりなど、リビングとの一体感を出してみても、
    明るい日差しが差し込むさわやかですがすがしい雰囲気のキッチンになります。

  • お手入れが簡単できれいなキッチンにしたいのですが?

    天板は機能性を重視するなら、ステンレスが一番です。汚れ落しも簡単で、いつも磨いてさえいれば大丈夫です。
    壁面の主流はフッ素加工のパネルが人気です。見た目が美しい上に目地が無く、毎日のお手入れも簡単です。また、扉がコーティングされたキッチンもおすすめです。
    汚いもので困るのはゴミの収集場所。すっきりしたキッチンについ出っ張るのがゴミ箱。
    シンクの下や収納カウンターの下をオープンにしてキャスター付ゴミボックスをセットしたり、また、生ゴミシューターやディスポーザーを取り付けるのもいい方法です。
    実物を見にショールームなどで実際に体感することもできます。

  • キッチンのタイプにはどんな種類がありますか?

    キッチンのタイプ

    ≪オープン型≫キッチン、ダイニング、リビング全てが見渡せるタイプで、広がりが出る為、インテリア性が高いキッチンといえます。ただし、どこからでも誰からでも見られるキッチンとなるので、収納や片付けに注意が必要です。

    ≪セミオープン型≫一番人気のあるタイプで、カウンターなどで区切られており食卓からは作業場はあまり見えませんが、キッチンとは完全にシャットアウトできない為、臭いや煙が流れる、といった事もあります。

    ≪独立型≫キッチンだけが個室として独立しているタイプです。中が見えないので調理に専念できますが、他の部屋の様子はわかりにくい面もあります。

    配列によるタイプ
    I型・・・ガス台、調理台、シンクが一列に並んだ型で、作業しやすくスペースをとりません。
    II型・・・ガス台などと調理台が2列になっている型でスペースがフル活用できます。
    L型・・・L字型にシンク、調理台、ガス台が並んでいる型でゆとりがあります。
    U型・・・U字型にシンク、調理台、ガス台が並んでいる型で作業しやすく複数の人でもOKです。
    アイランド型・・・離れ小島の様に、本体と離れて調理場があるタイプ

    以上のようなタイプに分けられますが、家族構成や生活習慣も充分考慮し、どのタイプが適しているか自分の家に合うキッチンを選び出すことが大切です。

リフォーム&リノベーション キッチンから始まる家づくり

ミタカ工房では、キッチンだけではなく
キッチンを含めた大型リノベーションが可能です。
より快適な家づくりをご提案いたします。

キッチンのことなら三俣のミタカ工房へ

キッチン専科 ミタカ工房 三俣ショールーム

お電話から来店予約/ご相談も
無料でお受けします!

三俣ショールーム
お電話窓口

  • 見積無料
  • 相談無料

お電話から来店予約/ご相談も
無料でお受けします!

050-7587-1892

営業時間 10:00-18:00年中無休

キッチン専科 ミタカ工房 三俣ショールーム

群馬県前橋市三俣町1丁目19-15